血管運動性鼻炎にはズバリこの点鼻薬!市販品のアレグラよりこれが効きます!

この記事は約4分で読めます。

鼻炎薬アイキャッチ

花粉の反応は少し出てますが・・・

何故こんなに酷いかなぁ・・・

鼻炎の薬を出しときますね。

何とかならないかなぁ・・・。

こんや会話を何度したことか。

鼻炎悪化のタイミング

  • 寒い空気が鼻に入る
  • 熱い食べ物を食べる
  • 朝布団から出た直後
  • 杉・ヒノキ花粉の季節
  • 前ぶれ無く突然

原因不明の鼻炎と、何十年も付き合ってきました。
何件も耳鼻科を回り、採血してアレルギーの抗体検査を受けてきました。何人もの医者から、『原因は分かりません』と言われ続けていたのですが、やっと私に効果がある薬が見つかりました。

私の原因不明の慢性鼻炎を劇的に治してくれた薬を紹介します。

慢性鼻炎や温暖差で鼻水

鼻炎に困っています。

慢性鼻炎とは、鼻の粘膜に長期間生じる炎症です。原因は様々で特定出来ない事があります。
アレルギー性鼻炎以外の慢性鼻炎は原因を特定する事がむずかしく、寒い空気が鼻に入ったり、熱い食べ物を食べただけで、くしゃみやサラサラの鼻水が出たりします。

現在は症状を抑える対症療法がほとんどで、短期での根本治療は難しいとあります。
花粉症の完治には舌下免疫療法などがあるようですが、治療期間が長期に渡るため、私には無理です。

血管運動性鼻炎とは

花粉症に代表される『アレルギー性鼻炎』は、くしゃみ・鼻水・鼻詰まりを起こします。
良く似た症状を示す『血管運動性鼻炎』という病名をご存じですか?

『血管運動性鼻炎』は『アレルギー性鼻炎』と同じような症状ですが、検査をしても特定のアレルギー抗体が見つかりません。周囲の環境変化に鼻の粘膜が過敏に反応して、症状が出ていると考えられます。今までアレルギー性鼻炎だと思っていたが、実は『血管運動性鼻炎』であるかもしれません。

布団から出た直後は、くしゃみや鼻水が酷いけど、周囲の環境に慣れてきたら症状が治まる場合があります。周囲にアレルギー性鼻炎の原因となる物が浮遊して無い場合には、アレルギー症状が出ませんので『血管運動性鼻炎』の可能性が高いですね。

市販の鼻炎薬の副作用

これはどうなのか?

鼻炎薬の副作用といえば眠気です。そのほかに、口の渇きや倦怠感があります。

第二世代の抗ヒスタミン薬である、アレグラやアレジオンは副作用が少ないと言われますが、個人的には眠気が出て効きも弱く使用を中断しました。

市販の点鼻薬は注意が必要

市販のほとんどの点鼻薬には『ナファゾリン』『テトラヒドラゾリン』といった血管収縮剤が配合されています。
即効性がありますが、1日に何度も使う事が長期間続くと、鼻の粘膜が肥厚し常に鼻が詰まった状態になることがあります。
点鼻薬性鼻炎・肥厚性鼻炎になりますので注意して下さい。

ステロイド点鼻薬

OKマーク

ステロイドというと怖い思いを抱く方が多いと思います。経口のストロイド薬のように全身性の副作用はありません。

海外では1年間、日本では3カ月の試験報告があり、安全性や継続的な有効性があります。

ステロイド点鼻薬より血管収縮剤入りの点鼻薬の方が怖いですよ。

劇的に鼻炎症状が良くなる

鼻炎薬 アラミスト

お薬名『アラミスト』

私に劇的な変化を与えてくれたお薬です。翌日には劇的な効果があり、即効性と持続性のある凄い薬です。
毎朝の止まらないくしゃみ・鼻水、1日中鼻にティッシュを詰めていたのは一体何だったんだ!と思うほどです。

この薬は、鼻腔内に噴霧することで鼻粘膜のヒスタミンを減少させ、くしゃみ鼻水、鼻詰まりなどの鼻炎症状を改善させます。アレルギー性鼻炎の治療で処方されています。

私が処方されているステロイド点鼻薬『アラミスト』に副作用は殆ど無く、長期間使用していますが、鼻をかんだ時にたまに出血する程度で、口の渇きや眠気は一切ありません。

2009年から販売が開始されています。何年も鼻炎症状で苦しんでいたので、もっと早く出合えれば良かったと思いました。

処方箋が無いと購入できませんので、耳鼻科に言って『アラミストを処方・・』と言って下さいね。
支払いは3割負担で800円程でした。

アレルギー性鼻炎や血管運動性鼻炎で悩んでる方のお役に立てれば幸いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント