格安データSIMと通話SIMを1台のスマホに!DSDSって何?初心者向けに解説!

この記事は約6分で読めます。

DSDS対応SIMフリースマホ2枚のSIMを挿して1台に集約して激安利用しているのでご紹介します。
スマホっての毎月の支払いが高いですよね
通話はあまりしない・・・
安くスマホを運用出来ないか・・・
周りがスマホなんでなんとなく・・・
格安SIMを入れたスマホと、パケット契約を解除した通話専用のガラケーとの2台持ちで運用して、通信料を節約していますって人もいますよね。

2台持ち画像

以前の私の契約を紹介します。
SIMフリースマホに格安SIMを挿してデータ通信のみで約1100円。
ガラケーはパケット通信やメールを廃止して無料通話付FOMA-SIMで約1000円。
支払い合計は2000円ちょっとの2台持ちでした。

大手の通信会社とスマホの契約している人は、今から紹介するような端末を購入してください。現在の通信契約を通話のみの契約に変更し、別途格安SIMのデータ通信のみを契約する事で超格安運用が出来ます。要するにSIMカードを2枚入れるんですよ。
スポンサーリンク

スマホに2枚のSIMを挿して1台に集約したのでご紹介します。

まずは、2台持ちのメリットとデメリット

スマホとガラケー2台持ちのメリットとは

  • 電話中にスマホで色々と調べる事が出来る
  • 2台合わせて2000円程で契約出来る
  • ガラケーの電池持ちが良い

こんな所でしょうか。

スマホとガラケー2台持ちのデメリットとは

  • 持ち物が増える←コレが一番の難点
  • 若い世代の方はガラケーが恥ずかしい
  • 2台充電する必要がある

私が感じていたデメリットは、やはり持ち物が増えることです。

常にバックを持ち歩いてますが、携帯2台にモバイルバッテリーや充電器を足すと結構な重さなになります。

ガラケーとモバイルBT

 

2枚挿しが可能なSIMフリースマホ

3年程2台持ちで運用していました。今回ガラケーのメリットでもあった電池性能が低下した事もあり

スマホに格安SIMとガラケーの通話専用SIMの2枚を挿して!

運用を開始しましたので紹介します。

※ちょこちょこ出てくる「SIMフリー」とは何でしょう?SIMフリースマホとはSIMカードを自由に入れ替え出来るスマホの事です。 つまりdocomoやau、SoftbankなどのキャリアのSIMカードはもちろん、MVNO(格安SIM販売業者)が販売している格安SIMカードを利用できます。
[ad]

ZenFone 4 Max Proを購入

私が購入したSIMフリースマホを紹介します。

Zen Fone4 Max Pro (ZC554KL)

スマホ写真

ASUS HPより

ASUS(エイスース) 台湾のメーカーです。昔からPCのマザーボードなどを作ってた結構有名な会社です。

ZenFone 4 Max Proの特徴

簡単に5つ程紹介します。

  • DSDSが可能!ガラケーと格安SIMスマホが1台にまとめられる機能!
  • 安い!ヤフーショッピング販売価格約26000円で期間限定ポイントを含めると6000ポイント獲得!実質20000円!
  • モバイルバッテリー代わりにもなる大容量5000mAhのバッテリー!これで途中充電は不要!
  • リバースチャージが可能!スマホ自体がモバイルバッテリー代わりに!大容量バッテリーだから成せる技
  • 広角レンズが付いている!画質は落ちますが画角が広がるのは良いですね。

2枚のSIMで待受け出来るDSDSとは

ASUSのZenFone4MaxPro(ZC554KL)にはnanoSIMカードが2枚挿入出来ます。

それにプラスしてmicroSDカード用のスロットが1つ搭載されたトリプルスロットとなっています。

トリプルスロット

私が購入する一番の決め手となったのはSIMカードの同時待ち受けが可能な事です。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)が可能

つまり格安SIMでネット(データ通信)をしている時も、ガラケーの通話専用SIMが待受け状態になっています。 それぞれのSIMにアンテナが表示されますので2個あるでしょ!この機能が有る事で2台持ちしなくてもOKになりました。

 

アンテナ画像

 

SIMカードのサイズ変更

SIMサイズには標準SIM、micro SIM、nano SIMの3種類あります。

ZenFone4MaxProの場合、SIMサイズは『nano』サイズなので、サイズ変更が必要になります。
通話用のSIMサイズが違う場合は 電話屋さんに行ってサイズ変更をしてもらいましょう。(2000円程ですぐに変更できます。)

SIMサイズ画像

データ通信で使っていた格安SIMが『nanoサイズ』でない場合はサイズ変更が必要です。
格安通信業者にもよりますがサイズ変更には数日かかりますので、乗換えるものアリです。

au回線も使用可能

ASUSのZenFone4MaxProはau回線でも使用可能です。

今回、ドコモ回線を使っているOCNモバイルから、au回線を使用しているUQモバイルに変更しました。 回線使用率が上昇する昼休み時間や夕方も激速で満足してます。

大容量バッテリーを搭載

スマホ弱点としてバッテリー容量が少ない事があげられます。 1日に何回か充電するとか、充電しながらの利用など、経験がありますよね。

今回のASUSのZenFone4MaxPro(ZC554KL)はバッテリー容量が5000mAhもあります。
普通のスマホが2500~3000mAh位ですので1.5倍~2倍の容量です。

その反面、181gと若干重い事が難点ですが、モバイルバッテリーとガラケーが不要になり総重量としては 軽くなったのでOKとしましょう。

スポンサーリンク

SIMカード設定

SIMカードが揃ったらスマホに挿入してみましょう。細いピンを穴に差し込んで軽く押すとカードスロットが出てきます。

SIMスロット

SDカードと通話用SIMカードとデータ用SIMカードをセットして挿入します。

SIMとSDカード


試しに通話用SIMカードのみ入れた場合、下のような画面が出てきます。 モバイル通信は出来ないので、ここではキャンセルをタップします。

モバイル通信


デュアルSIMカード設定をタップして、設定画面でSIMカードの名前を自分が分かりやすいように変更しましょう。

SIMカード設定

データSIMカードにもSMS番号が付与されていますので、080番号が書いてありました。


モバイルデータ通信や4GネットワークとかLTE通信と言うのは全てインターネット通信の事で、3Gは第三世代通信、4Gは第四世代通信の意味なんだそうです。

3Gが通話用の回線です。スマホとかネットの世界は専門用語が有り過ぎでわかり辛いですね~


初心者のハードルを上げているAPN設定は今回不要でした。SIMカードを挿しただけで通信OKでした。

SIMフリースマホだから?UQモバイルだから?OCNモバイルの時は簡単な設定をするような書類が付いてましたが、 今回のUQモバイルは設定不要でした。

まとめ

これからはDSDS対応のSIMフリースマホが広まってくると考えます。

『DSDA・両方のSIMで通信可能』や、『DSDV・両方のSIMで4G通信可能』な機種が出ると思います。 今の所、DSDSが付いていれば、十分なように感じます。

この機種には防水やお財布機能は付いてません。ですが月の支払いはSIM代の約2000円、端末代金を24カ月で割って 月の支払いに足しても2800円位です。
とにかく安いのが特徴なんです。

皆さんも格安SIMやDSDS機種への変更を検討してみては如何でしょうか。

 

コメント