2月株主優待銘柄 イオンモール(8905)から1万円ギフトが到着

この記事は約2分で読めます。

イオンモール株主優待内容

イオンモール(株)の株主優待確定日は2月となっています。
今回は1000株を3名義分クロス取引してみましたので手数料と利益を公開いたします。
スポンサーリンク

イオンモール(株)の株主優待内容

イオンモール 株主優待券
(1)イオンギフトカード
(2)カタログギフト
(3)カーボンオフセットサービスの購入
100株以上 3,000円相当
500株以上 5,000円相当
1,000株以上10,000円相当

利回り的には100株が良いですね。しかし、資金に余裕がある場合には1000株クロスがお勧めです。

 

クロス取引の資金と手数料

クロス取引に必要な資金

1000株の取引をする場合、2月時点の株価が1800円ほどですので、180万円位(1名義分)は必要になります。

クロス取引の場合は、現物と信用売りを注文します。180万円を現物で注文すると手数料が高くなりますので、手数料を安くする技を使いましょう。
まずは信用買い(制度)で注文し約定したら、すぐに(取引時間中)現引き(品受け)しましょう。1日分の貸株料はかかりますが信用取引の手数料は安いので経費を抑えることが出来ます。

クロス取引の手数料

カブコム証券でクロス取引を行い、3名義分の手数料は7011円でした。1人当たりの手数料は2400円弱になります。

クロス取引での利益は

株主優待内容にはイオンギフトカードがありますので、当然1万円分のギフトカードを選びました。合計3万円のギフトカードに対し7011円の手数料を支払いましたので、22989円の利益となりました。

まとめ

大金を投入して22989円の利益ですので、利回りは0.4%位です。
残念な結果ですが、低金利の今、預金ではお金は増えませんのでこれでヨシとしましょう。逆に銀行に預けるとATMの手数料を取られ目減りしすることもあります。眠っている資金(銀行の預金は死んでるも同然)があれば投資に回しましょう。クロス取引は操作さえ間違わなければリスクはゼロですので、皆さんも挑戦してみて下さいね。

最後までありがとうございました。

3月優待クロス取引でクオカードを8割引きで入手。多画像で徹底解説!初心者向けです。
550円で3000円のクオカードを獲得出来ました。クロス取引で株主優待をお得に頂いちゃいましょう。この時期に動かしてない資金があるなら、証券会社に集約させ利益を出しましょう!数百銘柄の株主優待が選び放題!

他にクロスした銘柄はイオン100株とイオンディライト100株、ウエルシア1000株でした。
ウエルシアの優待内容にはTポイント10000ポイントがありますので、これを選択しANAマイルにしています。↓の記事からどうぞ!

Tポイントを81%でANAマイルに!JQカードでソラチカLINEルートに乗せよう!
Tポイントを81%でANAマイルに!JQカードで等価交換してソラチカ LINEルートに乗せよう!日頃のお買い物で貯まるTポイントそれが何と!2019年3月からJRキューポに等価交換できるようになったんです。

コメント